衝立(ついたて)・自立式パーテーション・パネルパーテーションの通販

  • 3,300円(税込)以上で送料無料
  • 最短当日出荷
  • 地域限定組立設置
  • 法人向け 後払い対応
  • 各種帳票対応
  • ショールーム
  • お買い物ガイド
  • お問い合わせ
  • 0120-535-789 カスタマーセンター
新規会員
1年間保証サービス

衝立(ついたて)・自立式パーテーション・パネルパーテーションの通販

    似て非なる!? 衝立と間仕切りの違い

    プライバシーに配慮しながら空間を仕切る「衝立」と「間仕切り」。どちらも空間を分割する役割がありますが、細かく比べてみるとその特性は異なります。あまり知られていない、衝立と間仕切りの違いについて解説します。

  • 衝立イメージ

    衝立

    「スクリーン」とも呼ばれる「衝立」は、主に目隠しの役割を果たし、簡易的に空間を分割できる家具です。休憩室や窓口など、パーソナルスペースの確保やプライバシーに配慮したい場所におすすめ。手軽に両隣と遮断することができます。さらに、たくさん並べて空間を広く仕切れば、半個室のようなスペースをつくることも可能。キャスター脚など自立式で使い勝手のよいものが多く、気軽にレイアウト変更をしたいときにぴったりなアイテムです。
  • 間仕切りイメージ

    間仕切り

    「パーテーション」とも呼ばれている「間仕切り」。スペースをしっかりと区切るので、場面に合った空間づくりが可能です。木目調などデザイン性の高いタイプは、洗練された印象を与えるので、空間の印象をガラリと変える効果も。執務、会議スペースなど、フレキシブルなスペースをつくることもできます。着席時に目線が隠れるものや、立っても体が隠れるものなど、用途に合わせた高さの間仕切りを使うことで、理想のオフィス空間を実現します。

シーンで選ぶ! パーテーション・衝立の選び方

  • デスク用

    デスク用パーテーション
    • デスク周辺
    • デスクワーク
    • 休憩スペース
    デスクトップパネルは、机上の対面やサイドを仕切り、パーソナルスペースを確保したいときにおすすめです。飛沫防止パネルを使用すれば、距離をとらなくても飛沫対策が可能。デスクに置くだけで、組み立てや設置も簡単です。
  • 衝立・パーテーション

    衝立パーテーション
    • MTGスペース
    • 集中ブース
    • 接客スペース
    簡易的で目隠しの役割がある衝立は休憩スペース、パネルに囲まれ個室感が高いパーテーションは会議や集中スペースに向いています。折りたためるタイプは省スペース性も兼ねており、使い勝手の良さがポイント。空間に合わせたタイプを選びましょう。
  • パーテーションブース

    パーテーションブース
    • 応接・商談
    • WEB会議
    • セキュリティコーナー
    執務エリアから少し離れた場所に設置すれば、集中スペースとして活躍します。体がブースに包まれ、よりプライベート空間が漂う個室感も特徴的。Web会議や商談スペースとして利用すれば、自席で行うよりも集中して作業や話し合いができます。
衝立(ついたて)・自立式パーテーション・パネルパーテーション 売れ筋ランキング2021年10月25日更新

衝立(ついたて)・自立式パーテーション・パネルパーテーションの新着商品

カテゴリー一覧

衝立(ついたて)・自立式パーテーション・パネルパーテーション 商品一覧

対象商品464
あなたにおすすめの商品
Recommend Item

    衝立(ついたて)の取り扱い商品は?

    オフィスコムではたくさんの衝立(ついたて)を取り扱っております。衝立というものはプライバシーや集中力、セキュリティの確保などの目的があり、基本的には壁に固定しなくても自立するものを指します。設置に工事が必要な天井まで仕切るタイプはパーテーションと呼ばれる場合が多いです。オフィスのゾーニングや、周囲からの視線を遮って集中力を高めたり、会議の情報漏れ対策や、簡易的なセキュリティ対策に使われ、目的に応じて大きさや素材、透明性の違いなど、様々な種類があります。


    衝立(ついたて)を選ぶポイントは?

    衝立(ついたて)を購入する際の選び方としては設置場所や目的で選ぶという方法があります。例えばデスク周りは、適度な高さの衝立で視線を遮れば、集中しやすい環境を作ることができます。必要に応じてコミュニケーションも取りやすい、身長の半分ほどの高さのものがお勧めです。会議などで視界と音も遮断したい場合は、身長以上の高さがあるものを選ぶと良いでしょう。また、遮断性を高めたい場合は透けない素材のものが適しています。一方で、遮断性がそこまで必要でなければ、半透明で光が入るものや、パンチングが施されたものなら反対側が見えて、圧迫感を与えません。レイアウト変更の機会が多い場合には、キャスター付きで移動が簡単なものや、マグネットで簡単に連結できるものを選ぶと組み合わせも可能で、容易に位置を変更できて便利です。設置する場所や目的にあわせて、高さ・素材に注目して選びましょう。


    衝立(ついたて)選びの注意点は?

    衝立(ついたて)選びの際は、圧迫感がでないように気を付けると良いでしょう。オフィス空間に対して衝立が大きすぎたり、多すぎたりすると、かえって圧迫感を与えてしまうことがあります。主にゾーニングの目的のみで設置する場合には、半透明なものや、低めの衝立の方が適している場合が多いです。また、完全な遮断はできないので、高いセキュリティ性やプライバシーが必要とされる場合には、衝立だけではなく天井まで届くようなパーテーションも含めて検討しましょう。


    衝立(ついたて)を買うならオフィスコム

    衝立(ついたて)選びは重要なので、ぜひ幅広いジャンルからお選びいただけるオフィスコムでご購入ください。オフィスコムなら豊富な大きさやカラー、材質の衝立をご用意しております。連結できるものも多くあり、様々な組み合わせからあなたのオフィスにあった衝立を選ぶことができるので、まずはオフィスコムの商品ページをご覧くださいませ。

    お見積書作成サービス

    CATEGORY/カテゴリー

    リプロダクト家具

    ショールームのご案内

    ニューノーマル時代のオフィス提案

    withコロナアイテム特集

    在宅勤務・テレワークおすすめ家具特集

    カタログ最新号配布中

    経営者が選ぶ満足度が高いオフィス家具通販サイト第1位

    プライバシーマーク
    オフィスコム株式会社は「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています