0120-535-789 カスタマーセンター
  • お問い合わせ
  • ストアへ

デザイン変わる
ひときわ輝く、おしゃれなオフィス

変わる ひときわ輝く、おしゃれなオフィス
スタイリング一覧STYLING LIST

    オフィスをおしゃれに魅せるポイント

    近年、働き方が多様化したことをきっかけに、インテリア性の高いおしゃれなオフィスづくりや、働く環境を充実させることの必要性に注目度が高まっています。オフィスは「ただ仕事するための場所」といった考えではなく、企業を表現する象徴、そしてモチベーションや生産性を左右する重要な要素という認識が広まり、オフィスデザインを見直す企業が増加中。では、おしゃれなオフィスを作るためにはどのような点をおさえる必要があるのでしょうか。オフィス作りのプロ目線で、レイアウトデザインのポイントを3つご紹介します!

  •   

    オフィスのコンセプトを明確化して
    空間全体に統一感を持たせる

      
    まずは表現したいことが一目で分かるように、予めオフィスのコンセプトを明確化しましょう。カフェ風・リビング風・海外風・リゾート風・ヴィンテージ風・モダン風・ナチュラル風などデザインのテイストは様々。企業ブランディングなのか、コミュケーションの活性化なのか、空間づくりの目的を意識して方向性を定めます。コンセプトを決めることで、内装や家具選びもスムーズに進めやすく、空間全体に統一感を持たせやすくなります。
  •   

    オフィスのコンセプトに沿った
    内装の色や素材を取り入れる

      
    コンセプト決定後に行うのが、家具のカラーや素材の選定。ホワイトは清潔感、ブラックは高級感、グリーンは安らぎ効果、ブルーは落ち着きなど、カラーは全体の印象を大きく左右します。コーポレートカラーを取り入れて企業ブランディング・社員の意識統一を図る方法もオススメ。カラーだけでなく素材も重要で、リビングをイメージさせるファブリックアイテムや、温かみのある木製家具を取り入れると、よりリラックスできるオフィスをつくれます。
  •   

    おしゃれでデザイン性の高い
    オフィスインテリア・家具を選ぶ

      
    そして、オフィスをおしゃれに魅せる上でこだわるべきポイントは、家具のデザイン性の高さです。エリアごとに様々なデザイン・カラーの家具を配置することで、彩り豊かで動きのある空間に。デスク・チェアのほかに、ソファやラグ、グリーンアイテムを設置するだけでも一段とおしゃれなオフィスを演出できます。シック、モダン、ヴィンテージ、高級感、カラフル、シンプルなど、家具のデザインやカラーは様々なので、コンセプトに合わせて選びましょう。

    おしゃれで働きやすい空間づくりのヒント

    オフィスをつくる際には、デザイン性の高さに加えて「働きやすさ」にもこだわることが重要です。以下では、社員が心地よく過ごせる空間コーディネートのヒントをご紹介。オフィスは1日の大半を過ごす場所なので、長時間でも疲れにくい快適性や機能性、耐久性にしっかりと考慮してレイアウト設計・家具の選定を行うことがポイント。使用するデザインやカラーによって全く違った印象の空間を演出できるので、実際の使用シーンをイメージしながら家具・床材・照明などの内装デザインを選択しましょう。

  •   

    おしゃれなオフィス空間は
    目的ごとにデザインチェンジ

      
    オフィスのレイアウトを考える際には、各空間の使用目的に合わせてデザインすることが大切です。集中して業務に取り組めるワークスペース、ゆったりと寛げる休憩スペース、高級感のあるミーティングスペースなど、エリアごとにデザインを変えることで、メリハリをつけて働くことができます。また、デスクやチェアなどの家具だけでなく、床材や照明もシーンに合わせて使い分けると、よりおしゃれなオフィスが完成します。
  •   

    長時間でも疲れにくい
    リラックスできる空間づくり

      
    働きやすいオフィスの実現には、ストレスを感じにくい、ゆとりのある環境づくりが重要です。業務に必要なスペースを十分に確保したうえで、社内の動線を邪魔しないレイアウトを設計しましょう。さらに、業務内容や気分によって座席を選択できる柔軟な働き方を取り入れることや、体への負担が少ない機能性・耐久性の高い家具を揃えることで、より働きやすく、居心地のよい空間を作ることができます。
  •   

    リフレッシュスペースを充実させると
    気分転換しやすいオフィスに

      
    社員が快適に過ごせるオフィスをつくるためには、開放感を意識した「居心地のよい休憩スペース」を設けましょう。リラックスできる空間で適度に休憩を取ることでリフレッシュすることができ、生産性の向上や集中力アップに繋がります。また、オープンな雰囲気はコミュニケーションを取るきっかけにも繋がるため、社内交流を促したり、社員の満足度向上にも期待できたりと、会社全体にプラスの影響を与えます。

    おしゃれなオフィスのメリット

    オフィスをおしゃれにデザインすることには様々な利点があります。社員のモチベーションや生産性を高めるだけでなく、コミュニケーションの活性化や顧客からのイメージアップなど、実際に働く社員に限らず、社外の取引先やその他求職者などに対してもよい印象を与えることが可能に。そこで、これから新しくオフィスをつくる予定の企業様、オフィス移転やレイアウト変更をして、おしゃれなオフィスを作りたい!とご検討中の方に向けて、魅力的なオフィスづくりが社員や企業にもたらす具体的なメリットをご紹介します。

  •   

    社員のモチベーションが向上し、
    生産性・売上アップに繋がる

      
    1日の大半を過ごすオフィスの環境がおしゃれで快適であれば、働きたくなる気持ちが刺激されるので、オフィスがおしゃれであるか否かは、社員のモチベーションを大きく左右すると言われています。さらにおしゃれなオフィスであることに誇りを持てるために愛社精神も高まり、従業員満足度の向上にも寄与。モチベーションや満足度が上がることは、生産性の向上にも繋がり、結果的に業績アップにも直結するでしょう。
  •   

    開放的でおしゃれなオフィス空間が
    コミュニケーションを活発化

      
    おしゃれで開放的なデザインは、コミュニケーションの活性化にも効果的です。特に、働く空間を自由に選べるフリーアドレスや休憩スペースを充実させたデザインは、これまで関わることのなかった社員同士が話すきっかけにもなり、社内の一体感が強まったり、新しい企画が生まれたりといった可能性も。また、気軽に相談できるスペースが増えれば、意見交換やアイデア出しもスムーズになり、業務効率も上がることでしょう。
  •   

    顧客からのイメージアップや
    優秀な人材の獲得に期待できる

      
    さらに、話題性を取り入れたおしゃれなオフィスは、社員に限らず企業を訪れたお客様や取引先などに対しても好印象を与えることができるでしょう。働く環境を整えていることで企業の信頼感獲得にも繋がり、今後のよりよい関係作りも期待できます。また、求職者にとっても労働環境は重要な要素。気持ちよく働けるオフィスとして認知されることで応募者も増え、優秀な人材を確保できる確率も高まります。

    オフィスレイアウトパターン

    最後に、代表的なオフィスレイアウトパターン「固定席」「グループアドレス」「フリーアドレス」それぞれの特徴とメリットをご紹介します。業務内容によって適切なレイアウトは異なるので、部署ごとにエリアを区切ったレイアウトの仕方もおすすめです。

  •   

    固定席の特徴とメリット

      
    社員ひとりひとりに固有の個人スペースを提供する座席パターン。業務に必要なツールを各自のデスクに保管できるため、与えられたスペースを充実させやすく、快適に作業できる空間を提供します。人事や経理など、プライバシーや情報の機密性が重要な業種に適しています。
  •   

    グループアドレスの特徴とメリット

      
    会社全体ではなく、部署やチームごとに作られたフリーアドレス席のなかから、自由に座席を選ぶ働き方。社員の居場所を把握しやすく、情報共有や相談事など、部署内でのコミュニケーションが取りやすい点が魅力。フリーアドレスよりも導入しやすいため、近年人気のスタイルです。
  •   

    フリーアドレスの特徴とメリット

      
    社員が固定席を持たず、オフィス内で自由に働く席を選択できるワークスタイル。柔軟な働き方ができ、スペースを効率的に利用可能です。集中して取り組みたい作業があるとき、相談しながら進めたいときなど、その日の業務内容や仕事の状況に合わせて好きな場所を自由に選んで働くことができるので、効率アップにも繋がります。