公開:2022.11.16

オカムラ ノームのサイズ感や調整機能をプロが解説! 口コミも紹介

柔らかい印象を与えるデザイン性から、従来のオフィスチェアとは一風変わったインテリア性重視の「オカムラ ノーム」。自宅の雰囲気を壊さずにテレワークをしたい方などを始めとして、おしゃれなオフィスチェアとしても人気を集めています。

この記事では、そんなオカムラ ノームの特徴について解説したうえで、スタッフが実際の使い心地をレビューします。オカムラ ノームの口コミや評判もあわせて紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

▼このコラムを読んでもらいたい方

  • ・オカムラ ノームを購入予定の方
  • ・オカムラ ノームの特徴を知りたい方
  • ・オカムラ ノームの口コミ・評判が気になる方

▼このコラムを読んで得られる情報

  • ・オカムラ ノームの特徴
  • ・プロ解説!オカムラ ノームの使い心地をレビュー
  • ・オカムラ ノームの口コミや評判

1.オカムラ ノームの特徴は?サイズや調整機能をプロが解説

オカムラ ノームの特徴は?サイズや調整機能をプロが解説

「ノーム(norm)」は、国内有数のオフィスチェアメーカー「オカムラ」がコンパクト・インテリア性を重視して設計したオフィスチェアです。従来のオフィスチェアが持つ”圧迫感”とくらべて控えめなデザインで、自宅のインテリアとも馴染むため、テレワークで使える椅子を探している方から高い人気を集めています。

ここでは、そんなオカムラ ノームの特徴について一つひとつ解説します。

1-1.自宅でも使いやすいコンパクト設計

オカムラ ノームが評判な理由のひとつに、自宅でも使いやすいコンパクト設計があげられます。一般的なオフィスチェアとは違って一回り小さくデザインされているため、オフィス以外の場所でも使用しやすい点がオカムラ ノームの持つ大きな特徴です。

オフィスチェアを自宅で使用すると、その大きさも相まって室内インテリアに違和感を覚えてしまうケースも少なくありません。オカムラ ノームは脚径周りのサイズ感もスッキリしており、自宅のリビングや子供部屋にも馴染むサイズ感で使い勝手にも優れています。

袖ありのオフィスデスク下にも収納しやすいため、省スペースで運用したい方にも最適のオフィスチェアです。

1-2.快適な座り心地をサポートする背ロッキング機構

オカムラ ノームには、快適な座り心地をサポートする「背ロッキング機構」が搭載されています。ロッキングとは、背面への寄りかかりに合わせて背もたれが後方へ傾く機能です。

オカムラ ノームは、そんなロッキングの強度まで自由に変えられる仕組みも搭載されています。自分好みの反発力に調整すれば、長時間のデスクワークも快適な座り心地を実現しやすいのもメリットです。

作業中、ふとした時に背もたれへ身体を預ける人も少なくありません。そんなときにロッキング機能があれば適度に身体を支えられるため、一息ついてリラックスできます。

1-3.体格に合わせて変えられる座面調節機能

コンパクト設計のオカムラ ノームには、体格に合わせて適切なポジションを維持できるよう「座面調節機能」が搭載されています。座面下にあるレバーを使うだけで、座面の高さをワンタッチで昇降できるのもポイントです。

座面の高さは380~472mmまで調節できるため、150cm近くの小柄な女性から180cm超えの大柄男性まで対応できるのも特長のひとつ。コンパクト設計のオカムラ ノームですが、微調整機能から体格に合わせて幅広いユーザーが利用できる仕組みはレビューでも高評価を集めています。

1-4.10段階で高さ調整できるアームレスト

オカムラ ノームには、最大で10段階の高さ調節が可能な可動肘(アームレスト)が搭載されています。肘置きは身体に掛かる負担を軽減するのに役立ち、肘置きを適切に活用するだけで肩こりの症状が緩和される効果も期待できます。

肘置きの高さは557~739mmまで調節でき、一番低く設定すれば多くのオフィスデスク下に収納しやすいのも特徴です。また、オカムラ ノームには「肘あり/肘なし」の2種類が存在するため、普段肘置きを使っていない方は肘なしモデルを選択できるのも嬉しいポイントでしょう。

1-5.空間になじみやすい張りぐるみのデザイン

オカムラ ノームが口コミレビューで評判な理由のひとつに、空間に馴染みやすいデザイン性があげられます。一般的な家庭のリビングにも馴染みやすい生地を全面張りで採用しており、テレワークなどでインテリア性をそぐわずに自宅へ置けるのも嬉しいポイントです。

温かみのある張り材と相まって、木製家具との併用も違和感なく活用できます。背中まで覆った張り材がオカムラ ノームの”オフィスチェア感”を最小限に抑えているため、デザイン性を重視してテレワークに使えるオフィスチェアを探している方にもおすすめです。

2.座面の座り心地や高さなどオカムラ ノームをスタッフがレビュー

オカムラ ノームはインテリア性を重視しており、口コミレビューでもそのデザイン性が高く評価されています。

とはいえ、評判が正しいかどうかは実際に試してみないとわかりません。

そこで、ここでは多種多様なオフィス家具を扱うオフィスコムより、オカムラ ノームの使い勝手や特徴をスタッフが実際に活用してレビューします。

2-1.厚みのあるクッションの固さが丁度よい

オカムラ ノームの座面には、ウレタンフォームをメインにした厚みのあるクッションが採用されています。実際に座ってみると、クッションの固さが丁度よく、姿勢崩れが起きにくい印象を受けました。

一方、ほかの社員に聞いてみると、「ちょっと固い」といった声も。オカムラ ノームのクッションの座り心地は、人によって評価が分かれるかもしれません。 試し座りができるショールームなどを利用して、実際の使い心地をチェックしてみるのをおすすめします。

とはいえ、柔らかすぎる座面は後々工夫しづらいですが、ハードな座面は別途クッションなどと併用すると改善しやすくなっています。

2-2.座面を低くすると小柄な人でも座りやすい

オカムラ ノームをレビューするうえで特筆すべきポイントが、座面高の微調節機能です。座面高の最低値は38cmからと、従来のオフィスチェアよりも低めに調整できるメリットがあります。

自前のフットレストを持ち歩く女性社員にオカムラ ノームへ実際に腰掛けてもらうと、「足置きを使わずに足裏がしっかりつくのは初めて!」と喜びの声が聞けました。

オフィスチェアは40cm以下に座面高を調整できないモデルが多く、「思ったよりも座面が高く感じられる……」と頭を悩ませている人もいたかもしれません。オカムラ ノームは、そんな悩みを抱えている小柄な人にもベストマッチなオフィスチェアといえます。

2-3.樹脂や金属のパーツが少なくインテリアになじみやすい

オカムラ スフィアの外観は、口コミやレビューでも特に高く評価されているポイントのひとつです。樹脂や金属パーツなどが最小限に抑えられており、一般的な家庭で使用されるチェアと遜色のないデザイン性に仕上がっています。

そのため、インテリアに気を使っている人でも、テレワークなどの自宅オフィスに採用しやすい印象を受けました。全体的に温かみのある張り材は、小ぶりなデザインと相まって「存在感が浮く」心配もありません。

2-4.モデルによるアームレストの有無に注意

オカムラ ノームには、肘あり/肘なしの2つのモデルが存在する点に注意が必要です。アームレストを正しく活用すれば肩こりなどの症状を軽減できるとも言われているため、PCを使った長時間のデスクワークが多い方はアームレストありのオカムラ ノームをおすすめします。

一方で、アームレストがあると”オフィスチェア感”が高まり、自宅インテリアとの統一感から少し離れてしまうような感覚に陥ります。自宅での運用でデザイン性を重視している場合は肘なし、長時間作業など機能性を重視している場合は肘ありモデルのオカムラ ノームがおすすめです。

3.オカムラ ノームの人気商品の仕様とユーザーの口コミを紹介

オカムラ ノームは座面高調整が最低380mmからと、従来のオフィスチェアよりも低い座面高に調節できるのも特徴のひとつ。優れたデザイン性やコンパクトなおしゃれさ、低く設定できる座面高の要素が相まって、女性からも高い人気を集めているオフィスチェアです。

ここでは、そんなオカムラ ノームの人気モデルの仕様とともに、実際に使ったユーザーからの口コミをご紹介します。

3-1.コンパクトで使いやすい「ミドルバック 肘なし NORM」

コンパクトで使いやすい「ミドルバック 肘なし NORM」

コンパクトで使いやすい「ミドルバック 肘なし NORM」

サイズ 幅560×奥行560×高さ755~847mm
座面幅:460mm
座面高さ:380~472mm
脚径:直径560mm
材質 座部:合板
背部:ポリプロピレン
脚部:ナイロン
肘部:ナイロン・金属(鋼)
張り材:ポリエステル
クッション材:ウレタンフォーム

オカムラ ノームの肘なしモデル「ミドルバック 肘なし NORM」は、特にコンパクトに仕上がったオフィスチェアです。全体的にサイズ感が抑えられたデザインに加えて、肘なしモデルによってオフィスデスク下への収納もしやすくなっています。

また、脚径は56cmと片袖のオフィスデスクにも収納しやすいサイズ感で、子供部屋をはじめとしてさまざまなシーンに流用可能。温かみのある見た目と相まって、自宅インテリアの雰囲気を損なわずに使えるオフィスチェアです。

○ユーザーからの口コミ

  • ・座り心地は結構硬い感じだけど、長く使ってもお尻が痛くならない
  • ・部屋に馴染むデザイン性が良い。6畳の部屋で使っても圧迫感が無い
  • ・脚周りのサイズがコンパクトで、それほど大きくないデスク下にも収納できた

3-2.腕も支えられて疲れにくい「ミドルバック 可動肘付き NORM-A」

腕も支えられて疲れにくい「ミドルバック 可動肘付き NORM-A」

腕も支えられて疲れにくい「ミドルバック 可動肘付き NORM-A」

サイズ 幅610×奥行560×高さ755~847mm
座面高さ:380~472mm
脚径:直径560mm
材質 座部:合板
背部:ポリプロピレン
脚部:ナイロン
肘部:ナイロン・金属(鋼)
張り材:ポリエステル
クッション材:ウレタンフォーム

オカムラ ノームの肘ありモデル「ミドルバック 可動肘付き NORM-A」は、温かみのあるデザイン性はそのままに、可動肘がプラスされたオフィスチェアです。可動肘は10段階での微調節が可能で、90mmの範囲でストロークを上下に調整できます。

デスクワークなどで肘が宙ぶらりんのままでは、腕の重みが肩にかかり、肩こりなどの症状を招きやすいとされています。アームレストで腕周りの重みを分散させれば、それらの症状を軽減する効果が期待できるのも事実です。

そのため、インテリア性を重視しつつも、長時間作業などでも使えるオフィスチェアをお探しの方には肘ありモデルをおすすめします。

○ユーザーからの口コミ

  • ・小柄な人には本当におすすめできます。丁度良く座れるオフィスチェアをやっと見つけました
  • ・オプションで可動肘を購入して取り付けたけど、1~2ヶ月に一度ネジがゆるむ
  • ・可動肘の微調整機能が嬉しい。自分好みの高さに変更できる

まとめ

オカムラ ノームは、国内有数のオフィスチェアメーカー「オカムラ」がコンパクトさやおしゃれさを重視して製作したオフィスチェアです。低めの座面高(38cm)に設定できるメリットや従来のオフィスチェアとは異なるデザインにより、女性社員からも高い評価を集めています。

そんなオカムラ ノームの購入をご検討されている方は、ぜひオフィスコムの通販サイトをご利用ください。オフィスコムではオカムラ ノームをはじめとした多種多様なオフィス家具を取り揃えており、オフィスづくりからテレワークの必需品までスピーディにお取り寄せいたします。

オフィスコムでオカムラ ノームを見る

しかし、オカムラ ノームのスタッフレビューでもご紹介した通り、その座り心地は少し意見が割れています。固めに感じるスタッフや丁度よいと感じるスタッフなど座った感触は人によって異なるため、実際に購入する前に試座してみるのもポイントです。

オフィスコムでは多種多様なオフィス家具を実際にお試しいただけるショールームのサービスをご提供しております。オカムラ ノームの座り心地を実際に試してみたい方は、ぜひ一度最寄りのオフィスコム ショールームまでお声がけください。

オフィスコムのショールームを見る

オフィスコム公式TOP:https://www.office-com.jp/

↑ ページの先頭へ